Hobby日記

プラモ・ゲームなど個人的に気になったものを紹介しているブログ

【レビュー】Figure-rise Standard Amplified アルファモンを組み立てました

 

【Figure-rise Standard Amplified アルファモン】を購入して素組みで組み立ててみました。

久しぶりにデジモンプラモが発売されましたね。

実際に組み立ててみてどんな感じだったのか紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

2022年9月26日 記事更新

 

外箱と内容物

発売日は2022年9月23日でメーカー価格4,950円(税込み)

箱が大きいですね。

このサイズはムゲンドラモンやブラックウォーグレイモンなどと同じものとなっていますね。

内容物はこんな感じとなっています。

デジモンプラモの中でもかなりパーツ数が多いキットとなっていますね。

マントなどはPET素材を使用したお馴染みのものです。

 

 

 

 

 

 

組み立てたものがこちら

ずっしりと重量感のあるアルファモンとなっています。

素組みでも色分けはかなりされている方ですが、箱や説明書の完成イメージと比べると手のパーツは黒一色となっているので塗装が必要ですね。

マントはデュークモンやオメガモンX抗体と同じPET素材が使用されています。

他の2体と同じように展開形態にお好みで出来るようになっています。

【聖剣グレイダルファー】はクリアイエローのパーツにジュエルシールを貼っているのでちょっとリッチな武器のように感じますね。
中々カッコいいですよ。

対をなすオメガモンX抗体と並べてみるとこんな感じ

若干オメガモンの方が大きい?

アルファモンのマント傷みとかはよくできていますね。

漆黒の重騎士スタイルがとてもカッコいいアルファモンとなりますが、残念なところもありました。

デュークモン・オメガモンX抗体のパーツを流用しているので余剰パーツが半端ないです。

こんなに出たのはエクリプスガンダム以来かも。

この部分をもう少し少なくして価格を下げたりしてほしいなあと個人的には思ってしまいますね。

 

 

 

 

 

 

色々撮ってみた

可動範囲は広く作られているので、足や腕回りはよく動きます。

手のひらのパーツと専用エフェクトパーツを使うことでオリジナルアレンジが加えられた【デジタライズ・オブ・ソウル】を再現できます。

背面のブースターも上下に結構動かせるので表現の幅が広がりますね。

(あんまり使いこなせていないけど)

 

回転動画も作ってみました

360°気になる人はご覧ください。

 

 

作ってみてはいかが?

アルファモンは【デジモンストーリーサイバースルゥース】で初めて知ったデジモンでした。

漆黒の重騎士姿がとてもカッコいいなあと思っていましたが、まさかプラモデルも発売されるとは思いませんでしたね。

余剰パーツの多さが気になるキットではありますが、素組みでも中々カッコいい出来栄えとなるので個人的には満足しております。

アルファモンが好きな方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

それでは、また!!

 

 

その他の記事はこちら

 

megane3gou.hatenablog.com

megane3gou.hatenablog.com

megane3gou.hatenablog.com