Hobby日記

プラモ・ゲームなど個人的に気になったものを紹介しているブログ

【レビュー】レゴデロリアンを3形態にしてみました

 

先日組み立てた様子を紹介した

LEGOバック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアンDMC-12】ですが

詳しくは紹介できなかったので今回紹介していこうと思います。

購入した時の様子はこちらから👇

megane3gou.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

2022年11月15日 記事更新

 

どこで買えるの?

どこで購入できるか知りたい方もいるかと思うので一応記載。

レゴデロリアンは流通限定商品となっているので、レゴショップオンラインストア及び実店舗のレゴストアなどでしか購入できません。

レゴオンラインストア以外のオンラインショップでは楽天市場の【ベネリック レゴストア楽天市場店】が公式ショップとなっています。

なので発売日からなかなか買えない商品でしたが、ようやく購入することができました。

しかしこのご時世なのでいつの間にか値上げされていることに残念。

4月発売当時は19,980円だったのに対し現在8月では23,980円となってしまいました。

(4,000円上がったのは痛かった・・・)

ちなみに現在(2022年8月30日)レゴショップオンラインストアでは取り寄せ注文できる状態でした。

2022年9月16日までに配送予定となっています。

2022年9月6日現在普通に在庫ありの状態で販売されていますね。

レゴショップ公式オンラインストア

 

 

 

 

 

 

パート1仕様に組み立て

まずはパート1仕様の紹介から

タイムマシンとしては出来立てほやほや状態のデロリアン

他のシリーズと比べてシンプルなデザインとなっています。

ナンバープレートには【OUTATIME】のシールを貼ります。

パート1での特徴といえば後部エンジンに取り付けられた【プルトニュウム投入タンク】と【アンテナ】ですね。

レゴブロックでここまで再現できていることに驚きです。

残念ながら燃料タンクは開くことはできませんが。

車内に搭載された次元転移装置については以前にも紹介した通り

エンジン部分のボタンを押すとオレンジ色に光るようになっています。

また、こちらも以前に紹介した通りデロリアンガルウイングドアとなっているので真上に上げることができます。

カッコいいですよね!!

ただ、ドアが結構重たいので後ろに余剰ブロックを使い、押さえることで何とか形にしています。

時間表やメーターなどのディスプレイもシールで再現されていて凝っていますよ。

ハンドルもちゃんと回転します。

フロント部分はトランクになっているので付属品をしまっておくことができます。

中にはプルトニュウムが入った箱とホバーボードが収納されています。

(とんでもないもの積んでいるな)

タイヤも回転するので走らせることができます。

パターンもちゃんと彫られているのでリアルですね。

ホイール部分は印刷されています。

 

 

 

 

 

 

パート2仕様に組み立て

続いてパート2仕様に組み替えてみました。

ドクが2015年にタイムトラベルして改造したデロリアン

タイムマシンとしては完成形となります。

ナンバープレートが2015年のものに変えられています。

パート2での特徴といえば後部エンジンに搭載された【ミスターフュージョン】と【ホバーシステム】ですよね!!

ミスターフュージョンプルトニュウムに代わる新たな燃料供給システム。

ゴミなども燃料に変換できる画期的な装置として登場しました。

タイムトラベルのエネルギーすら作ってしまうのがスゴイ。

劇中ではドクがゴミを投入しているシーンが印象的です。

ちなみにミスターフュージョンはドクの発明ではなく2015年で購入したものとされていますね。(価格は8,200ドル)

レゴでも上部が開く仕様となっています。

中には燃料がすでに投入。

(空き缶とバナナ)

なかなかのこだわりを感じますね。

ホバー形態にするとこんな感じになります。

なんか片側だけタイヤが完全に横にならないのが気になりますが。

裏面にある赤いレバーを左右に動かすとタイヤを横向きにしたり元の状態に戻したりすることができます。

ガチャのパート2仕様デロリアンと並べてみるとかなり巨大な姿となっています。

親子みたいな感じになっていますね。

 

 

 

 

 

 

パート3仕様に組み立て

最後にパート3仕様に組み替えてみました。

1985年→1955年→2015年→1885年と旅をしたデロリアンが1955年で再び修理された最後の姿。

パート3での特徴といえば【フロントに搭載された発電システム】と【1955年仕様のホイール】といったところでしょうか。

ミスターフュージョンやホバーシステムも一応ついてはいますが、故障により使用不能の状態となっています。

1955年にある材料でタイムトラベルするための電力を生み出す発電機。

レゴブロックでもしっかりと再現されています。

ホイールも劇中のイメージを再現されています。

ただ、なんか緩いのでちょっと動かすとズレてしまうのが残念。

こちらもガチャであったパート3仕様のデロリアンと並べてみました。

やっぱり巨大ですね。

全体的によく再現されていると思いますが、レゴは車輪とレールが無いので最後の状態を再現できないのがちょっと残念かな。

 

ミニフィグを紹介

レゴデロリアンに付いているミニフィグも紹介

マーティとドクの2体が付いています。

マーティ・マクフライ

マーティの来ていたジャケットやジーンズを再現した印刷が体のパーツいされています。

頭を回転させると食いしばったような表情へ変更することができます。

ドク(エメット・ブラウン)

ドクの方は驚いた?顔がちょっと面白いですね。

服装は2015年のものを着ています。

かなり派手な服装。

顔を回転させるとサングラスをつけたちょっとカッコいいドクにできます。

ミニフィグがあると小物を使っていろいろ遊べるので良いですよね。

一応デロリアンの中に乗せることができますが、サイズが合わないです。

子どもが車に乗っているように見えないことも・・・

フロントガラスから見ればそれなりに見えないことも?

 

回転動画も作りました

パート2仕様のデロリアンを360°方向から

 

 

作ってみてはいかが?

3形態分載せたらえらい量になってしまいました。

どの形態もレゴブロックでしっかり再現されているの良いですね。

不満点もいくつかありますが、バックトゥザフューチャーが好きな方やデロリアンが好きな方にはとてもおすすめできる商品です。

ぜひ、作ってみてはいかがでしょうか?

これ作った後は映画もまたみたくなりますね。

それでは、また!!

 

 

その他の記事はこちら

 

megane3gou.hatenablog.com

megane3gou.hatenablog.com

megane3gou.hatenablog.com