Hobby日記

プラモ・ゲームなど個人的に気になったものを紹介しているブログ

フィギュアライズスタンダードのブラックウォーグレイモンをレビュー!!

 2021年7月1日 記事内容修正

 

今日は先日9月12日(土)に発売になったフィギュアライズ スタンダード「ブラックウォーグレイモン」を購入・組み立てをしたので、紹介していきます。

「ブラックウォーグレイモン」はデジモンアドベンチャー02に登場し、選ばれし子供たちの敵対勢力によって作られたデジモンになっています。

しかし心をもって誕生したブラックウォーグレイモンはアニメの中では、なぜ心をもっているのか葛藤しながら選ばれし子供たちと対峙したり、自分の生まれた意味を探す姿に当時の子どもたちから絶大な人気を誇ったデジモンでもありますね!

 

 

外箱と内容物

外箱

ブラックウォーグレイモン外箱の写真

ブラックウォーグレイモン外箱

まず買いに行って驚いたのは、今まで購入したどのデジモンよりも外箱が大きくなっていましたね。

箱の大きさを比べた写真

ブラックウォーグレイモンとウォーグレイモンの外箱

ウォーグレイモンの外箱と比べると厚さが少し無くなりましたが、その分広くなった外箱になっています。

 

説明書とパーツ

説明書の写真

パーツの写真①

パーツの写真②

説明書・各パーツ

説明書にはバッチリ決まったブラックウォーグレイモンが!!

パーツに関しては、基本的にウォーグレイモンのパーツと一緒だと思います。

(ウォーグレイモンの金型を使用していると思われる)

新規パーツとしてドラモンキラーに取り付ける斬撃のエフェクトパーツが入っていて、さらにブラックウォーグレイモンの背中のシールドには「勇気の紋章」が彫られていない無地の物になっているのでこれも追加されて入っています。

(そのため外箱が巨大化したのかも?)

斬撃のパーツ写真

斬撃のエフェクトパーツ

 

組み立てた物がこちら

正面の写真

左面の写真

右面の写真

背面の写真

ブラックウォーグレイモン一周

写真はシールを使用しただけで他は形成色での色分けだけの素組みの状態になります。

ウォーグレイモンとは違い全身が黒色になり、各部分に金色のパーツが組み込まれています。(金色塗装などをすればもっと良くなるかも?)

しかし大部分のパーツが黒色になっているので、素組みだとランナーを上手く切れなかった部分が白くなって目立ってしまうので、切る際は慎重に!

(結構雑に切ってしまったので写真でみるとかなり目立ちますね・・・)

 

ちなみにブラックウォーグレイモンとウォーグレイモンを並べるとこんな感じに

並べた写真①

並べた写真②

ブラックウォーグレイモンとウォーグレイモンを並べてみた

色が違うだけで、基本的には同じものになりますね・・・

(ブラックウォーグレイモンのシールドは新規パーツに)

 

色々撮ってみた

斜め撮り①

斜め撮り②

斜め撮り

ウイング展開①

ウイング展開②

ウイング展開③

ウイング展開④

ウイング展開

シールドを開いてウイングも展開することができますよ!

エフェクトパーツ装備①

エフェクトパーツ装備②

エフェクトパーツ装備③

エフェクトパーツ装備④

エフェクトパーツ装備

エフェクトパーツを付けるだけでいつもと違った雰囲気に!!

(ウォーグレイモンにも付けることはできますよ)

 

ブラックウォーグレイモンもカッコイイっす!

ウイング展開④

可動範囲は広くとられているので、いろいろと動かすことはできますよ!!

素組みの状態でも色分けがちゃんとされているので、僕としては組み立てるだけでも満足のいく出来になるのはやっぱり良いですね。

興味のある人はチェックしてみてはいかがでしょうか?

ただし以前にウォーグレイモンの記事にも書きましたが、尖ったパーツを多く使っているため、小さいお子様がいる場合は触れられないようにするなど十分にお気を付けください!

 

その他の記事はこちら

megane3gou.hatenablog.com

megane3gou.hatenablog.com

megane3gou.hatenablog.com